【必見!】未経験者のIT営業への転職の際にアピールしたいこと

「【必見!】未経験者のIT営業への転職の際にアピールしたいこと」のアイキャッチ画像

【必見!】未経験者のIT営業への転職の際にアピールしたいこと

未経験だけれどITにとても興味があり、IT企業への転職を考えている人はいませんか?

ITは世界的に需要が高く、とても魅力的な業界ですよね!

ITの技術職などは、専門知識や経験が必要となるため、未経験では難しいです。

もしIT業界が未経験であれば、「営業職」が最もおすすめです!

(営業がおすすめな理由は、この記事の下に別記事のリンクを貼っているので参照ください)

今回の記事では、未経験者がITの営業職へ転職する際に、ぜひともアピールしたいことについて紹介します。

転職サイトには求人数の多い「リクナビNEXT」や「マイナビAGENT」などの大手がおすすめです。

是非、チェックしてみてください!

1.コミュニケーション力

IT営業へ転職の際は、是非とも「コミュニケーション力」はアピールするようにしましょう。

IT営業では、とりわけコミニケーション力が重要です。

IT営業ではヒアリングが超大事

ITの営業というと、どのようなものをイメージしますか?

例えば自社のビールを売るような営業スタイルは、「モノ売り」と呼ばれます。

しかし、IT営業は決まった「モノ」を売るのではなくて、「ソリューション」を売ることになります。

お客さんの業務上の課題をしっかりとヒアリングして、その課題を解決するためのIT (ソリューション)を売るという営業スタイルです。

つまり、お客さんの課題を聞き出す「ヒアリング力」がとても大事なのです。

IT業界での経験がなくても、相手の課題や悩みを「聞く力」を使ったエピソードや、それに伴う強みがあれば、しっかりとアピールしましょう。

ソリューション営業の基本戦略

営業の役目は顧客と自社の橋渡し

IT営業の役割は、お客さんと社内の「橋渡し」になることです。

営業はお客さんの課題をヒアリングして、その課題を社内に展開し、社内メンバーとソリューションを考えます。

当然、課題をしっかりと社内のメンバーに伝達するためには、「説明力」が問われます。

案件を取る際に意思決定を促すための社内説明や、お客さんへのプレゼンテーションなど、説明の機会がたくさんあるのです。

IT営業への転職には、「ヒアリングする力」や「伝える力」など、総合的なコミュニケーション力をしっかりとアピールしていきましょう。

2.人を巻き込む力

IT営業としてもう1つの大切なスキルは、「周りの人を巻き込む力」です。

IT業界での経験がなくても、色々な人を巻き込みながら仕事をしていった経験をアピールできると良いでしょう。

様々なステークホルダーとの調整

IT営業が営業をかける先は、顧客の中のどのような部門かご存知でしょうか?

1番多い営業先は、顧客の「IT部門」の担当者ですね。

IT部門は社内のITインフラを担当しています。

なので、お客さんの社内向けのITを提案する時は当然、IT部門への提案となります。

しかし今の時代、ITは単なる社内インフラだけではなく、顧客のビジネスそのものを支えるツールになっています。

例えば、金融系の顧客が提供している「オンライン決済」のサービスには、IT技術が不可欠です。

また、自動車には「AI(人工知能)」が搭載されるようになったりと、IT技術は単なるインフラでなく、顧客のビジネスの「主力」になりつつあります

顧客の多岐に当たる部門・チーム、またそれぞれにおける意思決定者など、多くのステークホルダーを巻き込んで営業をしていく必要があります。

チームメンバーとの関係づくり

当然、営業の仕事は1人でやるわけではありません。

社内の「技術メンバー」や「事務担当」など、多くの人のサポートを受けながら営業活動していきます。

これらのメンバーが、後ろ向いてしまってはビジネスを取ってくることができません。

社内メンバーのモチベーションを高めて、1つの共通するゴールに向かって突き進む体制を作る力がとても大事です。

このように、IT営業ではお客さんや自社内において、多くの人を巻き込んでプロジェクトを推進していく力が求められます。

過去にITの経験がなくても、多くの人を巻き込んで仕事をして行った経験があれば、アピールできると良いでしょう。

3.グローバル力

もしあなたに「グローバル力」があれば、しっかりとアピールするようにしましょう。

グローバル力とは、すなわち「多様性への適合力」だと考えています。

多様性への適応力

IT業界は、ものすごいスピードで成長し続けています。

「電子決済」が容易になったり、「リモートワーク」が増えたりと、私たちの生活にもITが深く関わっていることを感じますよね。

これらのITを活用した社会づくりは、日本はまだまだ遅れています。

日本の各業界もビジネスを拡大するにあたり、世界に遅れないためにもグローバルでITを導入していく必要があるでしょう。

顧客のグローバルでのビジネス拡大をサポートするためには、世界の多様な環境に適応できる人材が必須です。

過去に、ペースが早い環境での仕事や、外国人や年齢が離れた人など、異なった価値観のあるメンバーと仕事をした経験があれば、アピールすると良いと思います。

英語やグローバル経験があると尚良し

もし英語が話せたり、すでに海外プロジェクトに携わっての経験があれば鬼に金棒です。

ITは場所を問わない製品なので、活躍の幅は世界中です。

もし語学や異文化コミュニケーションに強みがあれば、グローバルでのITプロジェクトにアサインされる可能性もあります。

英語が話せたり、商習慣の異なるメンバーとのビジネス経験があると、それを存分に生かせるでしょう。

おわりに

今回の記事では、未経験者がITの営業職へ転職する際に、ぜひともアピールしたいことについて紹介しました。

未経験だけどIT業界に興味があるならば、「営業職」をおすすめします。

営業がおすすめの理由については、以下の記事を参考にしてください。

営業職では、「コミュニケーション力」「人を巻き込む力」「多様性への適応力」が大切です。

ITの経験がない人も、過去にそれらのスキルを生かしたエピソードが必ずあると思うので、振り返ってみてください。

転職サイトには求人数の多い「リクナビNEXT」や「マイナビAGENT」などの大手がおすすめです。

是非、チェックしてみてください!

このブログでは、留学・英語スキルアップ・海外ビジネス・海外旅行など、皆様の為になるグローバルに関する様々な有益情報を発信させて頂きます。

今回はこの辺りで。

それではまた!