【新卒/転職】専門性が無い人にIT営業がおすすめな3つの理由①

「【新卒/転職】専門性が無い人にIT営業がおすすめな3つの理由①」のアイキャッチ画像

【新卒/転職】専門性が無い人にIT営業がおすすめな3つの理由①

「将来は何をしたら良いか分からない!」という学生や、すでに社会人で転職を考えていて「何か良い業種は無いか?」と探してる人はいませんか?

そういう人には「IT営業」が超おすすめです!

IT営業は入社の段階では専門性がなくても大丈夫で、しかもその将来性は抜群です!

今回の記事では、専門性がない人にはIT営業をお勧めする3つの理由①「IT営業は専門性がなくてもなれる」について紹介します。

1. そもそもIT営業って何?

IT営業は専門性がなくてもなれる

IT営業をかなりおすすめする理由として、「IT営業は専門性がなくてもなれる」という事が挙げられます。

もちろん、完全なる無スキル・無経験でオーケー!というのは、新卒や第二新卒などの若い人向けです。

しかし他の分野で頑張ってきた社会人も、他の分野での何かしらの経験があれば、ITのスキルは必要ありません

入社してからは経験をつみ成長していくことが必要ですが、入社の段階では特別なスキルがなくても、IT営業にはなることができます!

IT営業はモノ売りではなくソリューションを売る

IT営業は「モノ」を売るのではなく、「ソリューション」を売るといったほうが正しいです。

「営業」という言葉を聞いてイメージするのが、家を一軒一軒まわって保険商品を売る、居酒屋を車で回ってビールを売る、などのスタイルではないでしょうか?

これがいわゆる「モノ売り」の営業です。

しかし、IT営業は「ソリューション営業」と言って、お客さんの抱えている「問題」に対して、その問題を「解決する策(ITソリューション)」を売る営業スタイルです。

つまり、お客さんの悩みをしっかりと聞き、それに対してどんな解決策があるかを模索する姿勢が大事なのです。

このスタイルさえつらぬけば、ITの知識は後からついてきます。

2. 人生は問題解決の連続

誰もが日々、問題解決をしている

人は人生で常に「問題解決」をしています。

日常生活を見れば、些細なことから大きなことまで、私たちは数多くの問題に直面し、その度に解決していっています。

例えば以下のような感じです。

  • 駅まで行こうと思ったら自転車が壊れていたので、バスの時刻と料金を調べて、バスで駅まで行った
  • 友達と喧嘩をしたが、関係が悪くなるのは嫌なので、納得できない部分もあったが少し妥協して自分から謝った

日々を一生懸命生きている皆さんは、IT営業の素質が既にある

皆さんは人生で遭遇する様々な問題に対して、解決策を生み出して乗り越えて生きています。

問題解決のスキルは、皆がそれぞれ持っているスキルです。

そういった問題解決スキルと向き合いしっかりと活用できれば、あなたはIT営業の適材人物です。

あとはIT知識をつけていきながら、問題解決を繰り返していけば良いのです。

IT営業の窓口はすごく広いです!

3. IT営業で必要なのは「巻き込む力」

社内外の橋渡し

IT営業のメインの仕事は、お客さんの問題を聞き、それを社内に展開してチームで解決策を模索するための橋渡し役です。

お客さんの悩みを聞くのもそうですが、それをしっかり社内に伝えて解決策を導いていく舵取りも大事です。

「自分にはそんなリーダーシップはないから無理だ!」と思うかもししれませんね。

しかし、大丈夫です。

基本的には営業もチームで動くし、周りと相談しながら進められるので安心してください。

社内外での動き方

お客さんが抱えている課題をITで解決するために、チームメンバーみんなで知恵を振り絞って、ソリューションを作っていきます。

例えば以下のような感じです。

お客さんの悩み:
「3蜜状態で、従業員を危険に晒してしまっている」

ソリューション:
「リモート会議システムを導入し、家からでも  働けるようにする」

このようなIT知識・スキルは自分がすべて持っている必要はなく、技術担当者やチームメンバーと協力しながら解決策を作っていきます。

IT営業はそういった1つのプロジェクトでの調整役のような存在で、社内外で起こる問題を一つ一つ乗り越えていく調整をします。

入社時点で特別なスキルが必要ではなく、物事に真剣に向き合う態度さえあれば、大抵の事はこなせると思います。

そしてIT営業として実績を積み重ねていくうちに、ITのスキルは伸びていくでしょう。

IT営業の仕事の進め方については、詳しくは以下の書籍にて書いているので、よかったら読んでみてください!

ソリューション営業の基本戦略

おわりに

今回の記事では、専門性がない人にはIT営業をお勧めする3つの理由の①「IT営業は専門性がなくてもなれる」について紹介しました。

理由は3つあるので、今後他の理由も紹介していきます。

スキルや経験がなくても、基本的な問題解決能力があればIT営業になる事ができて、実際に営業してみる事で経験を積めます。

IT営業は今後のITの発展に伴い、需要が伸び続けていくと思います。

何を自分の専門性にしようか悩んでいる人は、IT営業をおすすめします!

転職に興味がある方は、「マイナビエージェント」や「リクナビNEXT」などをチェックしてみてください。

今回の記事の動画バージョンはこちら!

このブログでは、留学・英語スキルアップ・海外ビジネス・海外旅行など、皆様の為になるグローバルに関する様々な有益情報を発信させて頂きます。

今回はこの辺りで。

それではまた!