『ラッシュアワー2』観ると今すぐ世界に飛び出したくなるおすすめ映画

「『ラッシュアワー2』観ると今すぐ世界に飛び出したくなるおすすめ映画」のアイキャッチ画像

『ラッシュアワー2』観ると今すぐ世界に飛び出したくなるおすすめ映画

英語を学習するモチベーションを高めたり、世界に目を向ける意識をつけるためにも、海外に関する情報を集めることはおすすめです。

中でも映画『ラッシュ・アワー2』は、観ると海外へ飛び出したくなるモチベーションを高めてくれる、そんな映画だと思います!

『ラッシュ・アワー2』では、舞台は香港やアメリカのロサンゼルスやラスベガスに切り替わったりと、その景色を見ることにより、世界に行った気分にひたれます

今回の記事では、映画『ラッシュ・アワー2』について紹介します!

勿論ネタバレは無しなので、安心して最後まで読んでいただければと思います。

公開日 2001年
時間 1時間34分
ストーリー 香港人とアメリカ人の二人の刑事が香港とLA/ラスベガスを舞台に暴れるアクション・コメディ

1. 海外初心者の頃を感じさせる

この映画は、海外初心者の頃に感じた「見るもの」「体験する事」の全てを、新鮮に感じていた自分を思い出させてくれると思います!(私自信がそうでした)

この映画の主人公の一人、ロサンゼルス市警のカーターは、まるで異国に初めて訪れた時の自分のようです。

カータは香港の文化を全く理解していなく、何をしてもどんな発言をしても浮いていて、そこで新しい体験や知識を得ていきます。

(マッサージ店での言動や、竹の足場でのアクション、またチキンのシーンなどです!※詳細は実際に映画をご覧ください!)

海外へ初めて行く頃は、誰もがそんな浮いている感覚になったと思います。

私自身、10代の頃に色々な海外の国に訪れて、様々な新しい刺激を受けました。

中でも香港で受けた刺激は、その後の自分の人生をグローバルに変えてくれた、非常に大きな経験となりました。

当時の香港の魔窟、「重慶マンション」について紹介しているので、ぜひ下の動画を見てみて下さい!

この映画を見る際は、ぜひ香港の街並みや、これまで経験した事のない事に感動している主人公に、注目してみてください!

2. 主人公のようにフッ軽を目指せ

その後、映画で主人公たちの活躍する舞台は、香港からアメリカへ移ります!

アメリカは「人種のるつぼ」と言われており、様々な人種や文化が入り乱れています。

映画の中でも、ロサンゼルスでのチャイナタウンでのアジア人コミュニティや、ラスベガスにいるバイセクシャル?と思わせられるLGBTの存在など、アメリカならではの雰囲気を感じられます。

この映画の主人公たちは、フットワーク軽く飛行機に乗って国を移り、大暴れします。

私たちもこの映画を見る事で海外に興味をもったら、フットワーク軽く色々な国に行って、人生を楽しみましょう!

おわりに

今回の記事では、映画『ラッシュ・アワー2』について紹介しました!

『ラッシュアワー2』では、香港やアメリカで暴れる主人公たちに自分を重ねることで、海外に対する好奇心を高めることができると思います。

主人公のやりとりやストーリーも本当に面白いので、ぜひチェックしてみてください!

今回の記事の動画バージョンはこちらです!

このブログでは、留学・英語スキルアップ・海外ビジネス・海外旅行など、皆様の為になるグローバルに関する様々な有益情報を発信させて頂きます。

今回はこの辺りで。

それではまた!