NiziUの“Make you happy”英語サビについて解説

「NiziUの“Make you happy”英語サビについて解説」のアイキャッチ画像

NiziUの“Make you happy”英語サビについて解説

皆さんはNiziUというグループの、『Make you happy』という曲をご存知ですか?

NiziUとは、「縄跳びダンス」が大ヒットとした、人気アイドルグループです。

その代表曲『Make you happy』の中で「Ooh I just wanna make you happy」という歌詞があります。

“Ooh I just wanna make you happy”
(あぁもう、ただあなたを幸せにしたい)

今回の記事では、「Ooh I just wanna make you happy」について、英語的な観点で深堀していきたいと思います。

1.「Ooh」と「just」

「Ooh」について

まずは「Ooh」についてですが、実はこの言葉にも意味があります。

日本では感激や驚きの表現に「あー!」と言う事が一般的かと思います。

しかし、外国では感激や驚きに「オー」と言うことが多いです。

例えば、中国であれば「哎呀(アイヤー)」と表現したりします。

このように、表現は国や地域や言語によって様々です。

英語を話す際は、ぜひ「Ooh」と表現してみましょう!

「just」について

「just」についてですが「ちょうど」や「ただ」 みたいな意味です。

例えば、以下のように表現したりします。

I just woke up.
(たった今起きた)

Sorry, I was just busy!
(ごめん、ただ忙しかっただけなんだ・・・)

「Just」は言葉の繋ぎにかなり使いやすいので、英会話では多用する事になると思います。

ぜひ、使いこなせるようにしましょう。

2.「wanna」と「make you happy」

「wanna」について

「wanna」についてですが、これは「Want to(〜したい)」の略です。

フォーマルな場ではなく、カジュアル会話で使います。

例えば以下のような文です。

I wanna go too(私も行きたい)

I just wanna sleep more(ただ、もう少し寝たいんだ)

「Wanna」については、海外映画やドラマなどで聞いて「どういう意味だろう?」と感じていた人も多いと思います。

「Wanna」も英会話では日常で使うので、その表現はしっかり覚えておきましょう。

「make you happy」について※一番重要

「make you happy」についてですが、今日紹介する中で一番重要な表現です。

「Make」+「人」+「happy」で、「人をハッピーな状態にする」という意味になります。

Makeの後に「人や物」などを置いて、その後に「状態」を表す単語を置くと、「人や物をその状態にする」という意味になります。

例えば以下のような表現となります。

I made the room warm(私は部屋を温かくした)

Ooh I just wanna make you happy
(あぁもう、ただあなたを幸せにしたい)

この表現は英会話でもフォーマルな場でも、いつでも使う表現となります。

英語を勉強している人なら誰でも覚えるべき表現なので、しっかり覚えておきましょう。

おわりに

今回の記事では、「Ooh I just wanna make you happy」について、英語的な観点で深堀しました。

NiziUの『Make you happy』のサビの部分は、短い文章にも英語のエッセンスがたくさん入っています。

英語を勉強すれば、英語で書かれた歌詞や、洋楽を楽しむ事ができます。

英語を勉強して、英語の曲をもっと楽しみましょう!

今回の記事の動画バージョンはこちら!

このブログでは、留学・英語スキルアップ・海外ビジネス・海外旅行など、皆様の為になるグローバルに関する様々な有益情報を発信させて頂きます。

今回はこの辺りで。

それではまた!