【必見!】継続的に努力できる人になる方法を解説!夢を叶えよう!

「【必見!】継続的に努力できる人になる方法を解説!夢を叶えよう!」のアイキャッチ画像

【必見!】継続的に努力できる人になる方法を解説!夢を叶えよう!

「努力が続かない!」「何かを継続することがぜんぜんできない!」という人はいませんか?

何かに成功したければ「才能」や「テクニック」よりも、毎日の積み重ねが大切です。

例えばビジネスの世界でも、「天才的なひらめき」で成功しているような経営者は少なくて、「 みんなが休んでいる時に努力し続けてチャンスを掴んだ」という人が多いです。

努力し続けると、必然と運を掴むことにもつながります。

今回の記事では、継続的に努力できる人になる方法について紹介します。

何か新しいことに挑戦しようと思っている人は、必見の内容です。

1.明確な目標を設定する

どれだけ強い目標を持っているか?

何かに努力するために最も大切な事は、「目標を明確に持つ」ということです。

努力とは、誰かに強制されてできるものではなく、自分の「強い決意」とともになされるものです。

その目標を達成したときに「自分がどうなっているか」を想像し、そんな自分になりたければ必然と努力したくなるものです。

例えば「3ヶ月後のTOEICで800点を取る」や「来年までに副業で成功して、月100万円の副収入を得る」など、いつまでに何を達成するかを、明確にしましょう

成功した姿を思い浮かべよう

これらの目標を達成することで「人生がどう変わるのか」「自分の幸福度は上がるのか」など、未来の自分の姿を想像することで、やる気が出てくるはずです。

逆にそれでもやる気が出なければ、「達成したい!」と強く思っていない証です。

達成したくないのであれば、わざわざ大変な思いをしてまで努力する必要もないですよね。

それで、後になって後悔しては最悪ですね。

人生が終わるときに多くの人は、挑戦しなかったことに後悔すると聞きます。

今一度、「自分が達成したい目標」と「なりたい人物像」について、じっくりと考えてみましょう。

2.ルーティーンを作る

作業する時間を確保し固定する

継続して努力するのは、常に「時間との戦い」です。

忙しい毎日の中で、確実に作業できる時間を確保しましょう

何か新しい作業するためには、何かを犠牲にしなくてはなりません。

1日の中で何に時間を使っているかを見える化して、無駄な時間を削減し、そこに自分がやりたいことをする時間を組み込みましょう。

なるべく目標に向けて努力する時間を毎日のルーティン化して、「その作業をしないと気持ち悪い」と思うまでにしましょう。

毎日のちょっとした積み重ねが、やがて大きな山となります。

少しのルーティン作業でも、それを続けることで確実に自分の達成したい目標に近づくので、踏ん張ってみてください。

なるべく朝に活動しよう

ルーティーンの時間を作るおすすめは、「朝」の時間です。

朝は頭が1番すっきりしている時間だし、周りも静かなので作業に集中することができます。

また、朝に作業を完了してしまえば、1日の残りの時間は心に余裕が生まれますよね

逆に夜までルーティーン作業とっておくと、1日中それを気にしてししまい、かなりのストレスです。

早寝早起きの規則正しい生活習慣を身に付けて、朝一で作業するようにしましょう。

3.努力したあとは自分にご褒美を与える

ずっとは続かない

努力を長く続けるためのコツは、「無理をしすぎない」ということです。

一夜漬けの勉強が効率が良くない理由は、記憶力の定着は浅いし、そのような無茶を継続するのは不可能だからです。

週末に1日中勉強するよりも、毎日1時間勉強する方が精神的にも楽だし、長く続きます。

また「目標を達成するまで」といった形で、「終わり」を設定しておくだけで気持ちも楽になります。

中国の「万里の長城」の建設では、始点から終点まで1から作っていくと、あまりの長さに作業員のモチベーションが砕かれてしまいます。

そこで、作業員をチーム分けして短い距離を建設したら遠くへ移動して、また短い距離を建設するというやり方を取ったようです。

このように「小さな終わり」を作ることで、作業員のモチベーションをコントロールしていたと言う逸話が残っています。

息抜きを忘れずに

努力を継続するためにはモチベーションの維持が大切で、自分に対するご褒美も忘れてはいけません。

朝のルーティン作業が終わったら、残りの時間は自由に使うと良いと思います。

週末はもちろん遊びに行ってもいいし、自分の趣味に没頭するのも良いでしょう。

また大きな目標を達成した後には海外旅行など、大きなご褒美を設けておくのも良いと思います。

成功をつかむためには努力を「し続ける」ということが大切です。

継続する為の方法について、自分の性格を踏まえて常に試行錯誤していきましょう。 

おわりに

今回の記事では、継続的に努力できる人になる方法について紹介しました。

世の中の成功している人は、「才能」よりも、「努力」してきた人の方が多いと思います。

「努力を続けるのも才能だ!」という人がいますが、確固たる目標があれば努力は誰にでもできます。

何か大きなことを成し遂げるためにも、目標を明確にして長期的な目線で挑戦してみてください。

このブログでは、留学・英語スキルアップ・海外ビジネス・海外旅行など、皆様の為になるグローバルに関する様々な有益情報を発信させて頂きます。

今回はこの辺りで。

それではまた!