【大学受験】英語の単語の覚え方とおすすめの参考書!ガチ暗記しよう

「【大学受験】英語の単語の覚え方とおすすめの参考書!ガチ暗記しよう」のアイキャッチ画像

【大学受験】英語の単語の覚え方とおすすめの参考書!ガチ暗記しよう

大学受験用の「英単語」について、効率的な暗記の方法を探している人はいませんか?

英単語は知っているか知らないかで差がつくので、1つでも多く覚えておくに越したことは無いです。

英単語のおすすめの暗記方法は、音読を中心に「インプット」と「アウトプット」することです。

今回の記事では、英単語のおすすめの覚え方と参考書について、紹介します。

受験を控えている学生や、英単語の勉強に興味を持っている人は必見の内容となっています!

1. 単語の基本的な勉強の仕方

単語を知らなければ、英文を読んだりリスニングの内容を理解することは出来ません。

単語を覚えることは超重要であり、大学受験では1つでも多くの単語を覚えておく方が有利です。

単語を知っているほど英語力の底上げになる

英語において、「文法」が木の幹のように例えられますが、「英単語」は木の枝や葉のようなものです。

葉はあればあるほど木は生い茂って、木の全体が大きく見えますよね?

単語も同様に、単語を知っていれば知っているほど、英語力はどんどん上がっていきます

これは日本語でも同じことが言えますよね?

言葉をいっぱい知っている人ほど表現が豊かで、コミニケーション力が上がります。

単語は多く知っているほど英語力の底上げになるので、継続的に勉強していきましょう。

音読で勉強していく

英語の勉強全般に言えることですが、単語の暗記は音読を中心に勉強していきましょう

単語の解説ページだけでなく、その単語に関する「例文」がついた参考書を使って勉強すると良いでしょう。

単語を見て何となく覚えてみて、それを文章のページで音読をしていくのがおすすめです!

単語の暗記は「インプット」ですが、音読で文章を音読するのは「アウトプット」です。

インプットだけでなく、音読でアウトプットもすると、単語を効率良く暗記できるのです!

ただ単語を眺めて暗記をするより、よっぽど記憶の定着が早いです!

また、文章を音読することは、英語のセンス向上にも繋がるので、最強の勉強法と言えるでしょう

2. 基礎と必須単語を覚えよう

この章では、実際にどんな参考書を使って、どれくらいの期間で単語を覚えていくかを紹介します。

上の章で示したとおり、音読で学習をすすめていきましょう。

安心してください!めちゃくちゃおすすめの参考書があります!

(3ヶ月くらい)基礎の単語を覚えよう

もしあなたがかなりの初心者であれば、まずは基礎の単語を固めましょう。

速読英単語 入門編』がおすすめです!

「速読英単語」では、単語のページだけでなく「ショートエッセイ」がついおり、暗記(インプット)と音読(アウトプット)を同時にできます

この段階ではまだまだ文章を読むのが苦手だとは思いますが、文章で単語を覚えることで、単語の定着を早くする事ができます。

基礎はかなり大事なので、焦らずじっくり3ヶ月くらいかけて覚えるようにしましょう。

「音読」でエッセイを読むことを忘れずに!

(5ヶ月くらい)受験で主力となる必須単語を覚えよう

上の章で紹介した「入門編」を完璧にできれば、次は受験で必ず出てくる必須の単語を覚えていきます。

レベルを一段上げて『速読英単語 必修編』を使って、ひきつづき音読で覚えていきましょう。

速読英単語の「必修編」は、私がまだ英語が苦手だった時に、最も急激に英語力の飛躍を感じた教材です。

この単語帳をマスターしたことをきっかけに、英語が得意になりました。

「必修編」を完璧に習得する事ができれば、基本的にはほとんどの問題に対応できる力がつくと思います。

必修編は最も大事なので、完璧にしましょう!

速読英単語のおすすめの使い方

速読英単語をもう少し深掘りして、おすすめの使い方を紹介します。

かなりしんどいですが、以下のステップで勉強していくのがおすすめです。

  • 単語のページで、なんとなく単語の意味を理解する
  • 1文ごとに10回ずつ音読し、それを1つの章(1記事)全体の最後の文まで続ける
  • 章全体を通して音読するのを10回繰り返す
  • これをひたすら最後の章まで続けて、終わったら2周目に突入
  • 2周目以降は章全体を通して読み進める

上の私のやり方は、正直かなりしんどいと思います。

しかし、大事なのは、とにかく「ひたすら音読をする」ということです。

「速読英単語」はかなり単語の定着が早いので、必修編も完璧になるまで繰り返しましょう。

3. 上級単語を覚えて更なる高みへ

速読英単語 必修編まで完璧にしていれば、ほとんど単語に困る事はないでしょう。

しかし、上で述べた通り単語は覚えていれば覚えるほど有利になります。

余裕があればさらに単語を覚えていき、周りより1歩リードしましょう。

(4ヶ月くらい)単語も更なる高みへ

もし「必修編」を完璧にしたのであれば『速読英単語 上級編』にも挑戦してみましょう。

上級編では、知っているか知らないかで最後に差がつく、レベルの高い単語が掲載されています。

文章自体のレベルも高いので、読解力の向上にも繋がると思います。

上級編は、あくまでも「必修編」が完璧になって、さらに時間がある人が挑戦してみてください。

上級編の単語は知っていれば差はつきますが、テストに出てくる可能性は「必修編」の方が圧倒的に高いです。

記憶力を上げるチップス!

記憶は、睡眠をする事で深く定着するという事が実験で証明されています。

単語のような暗記系は、寝る前に勉強をして、その後しっかり寝る方が記憶に定着します

なので、夜に寝る前に勉強するのがおすすめです。

余談ですが、嫌なことがあった際はその日に寝ないで夜更かしする方が、トラウマになる確率が減るとの面白い話がありました。

睡眠は色々なことに応用できそうですね!

おわりに

今回の記事では、英単語のおすすめの覚え方と参考書について、紹介しました。

単語はインプットとアウトプットを同時にできる、「速読英単語」を使う事がおすすめです!

単語はやればやるほど周りと確実に差を付けられるので、頑張ってみてください!

このブログでは、留学・英語スキルアップ・海外ビジネス・海外旅行など、皆様の為になるグローバルに関する様々な有益情報を発信させて頂きます。

今回はこの辺りで。

それではまた!