ANA国際線 パリからの帰国にプレミアムエコノミー利用は快適?

「ANA国際線 パリからの帰国にプレミアムエコノミー利用は快適?」のアイキャッチ画像

ANA国際線 パリからの帰国にプレミアムエコノミー利用は快適?

※この記事は2020年の年始に書かれたものです。

2020年になってから一週間が経ちましたが、年末年始はフランスの首都パリと南のリゾートであるニースで過ごしており、先ほど無事に日本へ帰国しました。

2019年にANAのプラチナステータス獲得を目標として修行していましてが、今回の旅行の往路、羽田空港→シャルル・ド・ゴール空港にて達成することが出来ました。

(過去のプラチナステータス修行の様子はこちらの記事をご参照ください↓)

これにより、今日のパリから羽田の復路の便は、プラチナステータス会員として飛行機に乗ることが出来て、早速プレミアムエコノミーで帰国することが出来ました!!

今回の記事では、ANA国際線(パリ→羽田間)におけるプレミアムエコノミーでの空の旅について紹介したいと思います。

プレミアムステータス達成の瞬間
専用アプリのページにて

1. シャルル・ド・ゴール空港にて

シャルル・ド・ゴール空港ターミナル3
ターミナ間は専用メトロ(CDGVAL)で無料で移動出来る

パリのシャルル・ド・ゴール空港ターミナル1へ到着後、ANAのチェックインカウンターへ向かいます。

空港へは出発の3時間前に到着したのにも関わらず、ANAのチェックインカウンターは大変混雑していました。

ANAプラチナステータスではチェックインが優先的に受けられます。

エコノミークラスの列はとても混雑していましたが、ビジネスクラスの列には4−5人程度しか並んでいる人はおらず、チェックインカウンターまでスイスイと進みました

自分の番がやってきて、カウンターで現地フランス人スタッフの方が出際よく手続きを済ませてくれて、搭乗チケットを受け取りました。その時頂いた席はエコノミー席です。

2. プレミアムエコノミーへのアップグレードを交渉

ANAステータス会員の事前サービス抜粋
https://www.ana.co.jp/ja/jp/amc/reference/premium/pre-service/

その時、プラチナステータスでは空席があればプレミアムエコノミーへアップグレード出来ることを知っていましたので、ダメ元でプレミアムエコノミーへのアップグレード可能か聞いてみました!

(厳密に言えば2020年4月から1年間プラチナステータスとなり、2020年4月まではプラチナステータス事前サービスと言います)

すみません、プレミアムエコノミーの席は・・・空いてますかね・・?
 と申し訳なさそうに聞いてみると、

カウンターで担当していた男性が周りにいたスタッフを2人呼び、3人で何やら相談をし始めました

PCの画面で何かを検索したりと、どうやら私の身元を色々と確認しているみたいです。。

不安な面持ちで待っていると、3人は議論し終えて何かの結論に達したかのように頷きました。中でもリーダーのようなベテランな女性が笑顔でとても丁寧に、

無料でアップグレードします。あなたは今日プレミアムエコノミーに乗ります。フライトを楽しんでください。

と言って頂き、無事に席をプレミアムエコノミーへ変更してもらうことが出来ました。

キター(°▽°)ー!!

やはりダメ元でも相談してみるもんですね!

プラチナステータスになったとしても、プレミアムエコノミーへはこちらから能動的にお願いしないとアップグレードされないことが、分かりました。

スターアライアンスのラウンジへの地図

その後、ラウンジの場所の案内を受けて、出国ゲートへ進みます。

3. プラチナステータス・プレミアムエコノミーによる様々な特典

スターアライアンスラウンジにて

出国ゲートまでは、優先的に進めるファストトラックのレーンを最大限に活かして進みました。所々止められてチケットを確認されましたが、それでも何とか全て優先レーンで通過することが出来ました。

途中、ラウンジではサラダとビール・白ワインなどを嗜み時間はあっという間に過ぎ、いよいよ帰国です。

搭乗の際もビジネスクラスのラインに並び、赤ちゃん連れや体の不自由な方(最優先)、またダイヤモンドメンバー(Group1)に次いで、Group2で登場することが出来ました。

エコノミークラスとの大きな違いは、プレミアムエコノミーでは席がかなり広めに作られていることです。

広い席
フットレストのボタン

個室のようになっているビジネスクラスには到底及びませんが、プレミアムエコノミーでは席が広いだけでなく、ふくらはぎから乗せられるフットレストがついています。

それ以外にも、スリッパや耳栓など、エコノミークラスよりアメニティが充実していました!

スリッパなどがついている
耳栓とアイマスクも配られた

パリからの帰国だとフライト時間は11時間程度となります。

特に今回は夜便でしたが、アメニティや快適なシートのお陰でぐっすり寝ることが出来ました!

食事はエコノミー席と変わらないようでしたが、出発直後と到着前の二食美味しく頂きました。

出発直後の夕食
牛肉のカレー
到着前の昼食
シーフードのクリームソースかけ

以上、今回の記事ではパリから羽田空港までのANAプレミアムエコノミーでの帰国について、ご紹介させていただきました。

プレミアムエコノミーへのアップグレードは、ダメ元でも必ず聞いてみることが大事ですね!快適度が全然違います。

おわりに

今回はプラチナステータスによるプレミアムエコノミーへのアップグレードをご紹介させて頂きました。

いつかもっとビッグになって、ビジネスクラスでの記事も書けたらなと思います。

それではまた!