【独学】実践で英語を話せるようになる鍛え方

「【独学】実践で英語を話せるようになる鍛え方」のアイキャッチ画像

【独学】実践で英語を話せるようになる鍛え方

英会話は、教室に通わなくても独学できます。

今回の記事では、独学をベースに実践での英会話力を鍛える方法についてご紹介します。

1. スピーキング力を鍛えよう

英会話の独学は可能

文法やリーディングばっかり勉強していても、それは実践で使える英語力にはなりません。

TOEICの点はものすごく高いのに、いざ外国人に道を聞かれてもちゃんと答えられずに、あたふたしてしまう人が多いのではないでしょうか。

基礎力をつけたら、スピーキング力を鍛えることが実践英語を行う上でとても重要です。

スピーキング力を伸ばすには、外国人と話すことが必要だと思いこみ、英会話や留学などが絶対条件だと思っている人もいるかもしれません。

しかし、スピーキング力は実は自分一人でも伸ばすことができます。

方法は、英語でのスピーチの練習をひたすら繰り返すことです。

スピーキング力の鍛え方

スピーキング力を上げるには、その名の通りスピーキングしまくることが大事です。

スピーキング力を鍛えるには、相手とのキャッチボールの練習(いわゆるコミュニケーション力)が重要なのではなく、頭の中にある考えを言葉にする力が重要なのです。

思っている事を言葉で表現できれば、今度は相手の言葉を受け止めて、それに対してまた発言するというキャッチボールが出来るようになります。

私の会社の同期で、TOEICの点数は700点を超えていて高いのに、外国人と上手に話せない事をコンプレックスに思っている人がいました。

そこで彼は、『スター・ウォーズ』の映画が大好きで、スター・ウォーズの台本を買ってひたすら音読してセリフを覚えました。

スピーチとは少し異なりますが、英語の好きなセリフをひたすら音読して覚えることで、スピーキングの感覚を掴めるようになる、一年ほど音読した頃には外国人との会話がスムーズに出来るようになっていて、驚きました。

スピーキング力の向上にはスピーチや、あるいは自分の好きな英語の文章をひたすら音読することが大事だと思います。

2. 英語の発音を鍛えよう

発音の勉強でリスニングが向上する

スピーキング力を鍛える過程で、発音にも力を入れることをお勧めします。

日本で英語を勉強している人の中で、発音に力を入れて勉強している人は少ないと思います。

なぜならば、大学受験やTOEICでは発音に関する問題がかなり少なく、発音は重要でないとされているからです。

しかし発音を鍛えると、実はリスニング力がものすごく向上するのです。

リスニングを鍛えようと思っている人は、CDを聞くタイプの問題集でひたすら勉強しようとするかもしれません。

しかし、実は発音を極めることがリスニングの問題を解けるようになる近道です。

アメリカで受けた屈辱

そして発音を鍛えることで、その力は実践英語でこそ存分に生かされます。

日本人の英語の発音は大抵がカタカナ英語で、ネイティブの人からしたら理解するのが難しいです。

私がアメリカの大学へ留学していた頃に、中国の歴史のクラスで教師から質問された際に、苦い思い出があります。

教師からの質問に対する答えが「拷問」を意味する「Torture」だったのですが。正しい発音の仕方を知らずに、クラスメイトの前で「トーチャー!トーチャー!」と連呼し、教師や周りはポカーン状態

最終的には黒板に「Torture」の綴りを書いて、ようやく理解してもらえました。

まさに拷問のような時間でした。。。10年前くらいの話ですが、今でも鮮明に記憶しています。

このように英語は正しく発音しないと相手には伝わりません!

英語はテストのために勉強するのではなく、実践で使えるようになるまで発音も含めて鍛えましょう。

3. 外国人の友達を作ろう

留学しても日本人とつるむ日本人

そしてさらに実践で使える英語力を鍛えたければ、やはりネイティブと仲良くなる事をおすすめします。

海外留学した人が英語力が著しく伸びるのは、日本とは離れた環境で生活の全てを英語にひたるからです。

「留学した先で日本人つるんではいけない」とよく言われますが、私がサンタモニカカレッジに留学した際は、日本人同士でつるんでいる人を多く見かけました。

せっかく留学に来ているのに日本人とつるむなんて、本当に勿体無いことだと思います。

大金を払って人生でも一回あるかないかの貴重な経験をしているのに、日本でも出来るようなことをして、台無しにしてしまっています。

そういった日本人たちは、大抵が遊びに走ってしまい、留学の目的を達成せずに帰っていった人が多かったように思います。

ネイティブと会話する時間を増やそう

実践の英語力を伸ばす一番の近道は、ネイティブと会話する時間を増やすことです。

今ではSNSの発達により、外国人と知り合うことが簡単にできる時代となりました。

もし良い外国人の友達ができれば、英語をしゃべるチャンスができて実践の英語力を鍛える事にも繋がるでしょう。

外国人と知り合う方法について以下の記事に書いているので、よろしければ読んでみてください。

おわりに

今回の記事では、実践の英語力を伸ばすための方法をまとめてみました。

英語は言語なのでテストのためだけに勉強するのではなく、実践で使えるようになるまで鍛えることをおすすめします!

このブログでは、留学・英語スキルアップ・海外ビジネス・海外旅行など、皆様の為になるグローバルに関する様々な有益情報を発信させて頂きます。

今回はこの辺りで。

それではまた!