【必見】サラリーマンが副業を始める時の3つの基本ステップ

「【必見】サラリーマンが副業を始める時の3つの基本ステップ」のアイキャッチ画像

【必見】サラリーマンが副業を始める時の3つの基本ステップ

何か副業を始めたいと考えている人はいませんか?

将来の日本は、経済的には明るくなく、サラリーマンなどの本業だけでは不安もあるかと思います。

そんな時代でも、経済的にあるていど裕福になれば、心にも余裕が生まれて人生は充実するでしょう。

今回の記事では、副業を始めるための基本的なステップについて紹介します。

副業を始めたいと思っているサラリーマンは必見です!

ステップ① 副業のための自分の時間を作る

「本業」がある中で副業を両立するのは、かなり大変なことです。

1日は24時間しかないので、時間を上手に使う必要があります。

本業の時間を圧縮する

まずは、1日の大半を占める本業の時間を、圧縮して時間を確保しましょう。

通勤や残業を含めると、朝に出社して夜に帰ってくるというパターンになってしまいます。

副業をする時間を確保するために、本業の仕事はなるべく定時で終えられるようにしましょう

システムを使いこなす

社内で使うシステムをマスターして、作業を効率化することはとても有効です。

ビジネスマンであれば、当然のことですね!

エクセル」は仕事でよく使う定番システムなので、使いこなせればかなりの時間短縮につながります

Excel 最強の教科書

それ以外にも「受発注関連」や「勤務管理」など、よく使う社内システムやプロセスは、瞬時に操作できるように極めておきましょう。

大企業だと社内には沢山のシステムがあり、それを使いこなすだけでも一苦労ですよね。。

「SAP」や「Sales Force」などの特定の物以外は、システムの使い方覚えてもあまり人材価値の伸びに繋がりません。

他の人や組織にやってもらえるものは、なるべくアウトソースしましょう。

仕事をアウトソースする

全部の仕事を自分で抱えていると、大変になってしまいます。

決められた繰り返しの作業などは、自分がやらなくても替えがきく仕事です。

そういった仕事は適切な担当者に対応してもらったり、外部へ委託するようにしましょう。

自分があるていど仕事をこなせれば、チームを作って人をアサインしていくと良いです。

手作業はなるべく自分でやらずに、大事な意思徹底だけ行うようになると、業務をだいぶ圧縮できます。

業務効率の改善

私が新入社員の際は「仕事で最も大事なことの一つは、業務効率をし続けること」だと学びました。

組織をどのように良くしていくかを、社員一人一人が考えている会社は、伸びていきますよね。

業務効率を常に意識して、最速で仕事終わらせるように周りにもアピールしていきましょう。

ダラダラ長引く会議を防ぐために、進行をスムーズにいくように話をまとめて行ったり、そもそも無駄な会議には参加しないことも有効です。

またスマホばかりいじっていて能率が上がらない人を注意したり、無駄なプロセスについて改善を要望していきましょう。

あまりに忙しすぎる会社であれば、転職してしまうのもありです。

とにかく本業の時間を圧縮し、定時で帰れるようにしなければ、副業はほぼ不可能と言っても良いでしょう。

生活スタイルを見直す

1日の中では仕事以外にも、家事や子供の面倒など、あらゆることに時間がかかります。

このタイミングで、生活スタイルも見直してみましょう。

無駄な時間の排除

私生活における無駄な時間はなるべく減らしましょう。

テレビやスマホを見るのは、本当に必要な時だけにするべきです。かなり無駄な時間ですね。

私もついついYouTubeなどは見てしまいます。。。

ただし、それがストレス解消になるのであれば、一概に「全くの無駄」とは言えないです!

また、ボケーとしている時間や、朝に二度寝を繰り返すなども、もったいない行動です。

少しの時間でも積み重ねれば大きくなるので、ちょっとしたすきま時間を有効活用することが大切です。

家電の活用

また、掃除を「ルンバ」に代行してもらったり、洗い物には「食器洗い乾燥機」を使ったりと、家電を活用すれば家事の時間を削減することができます。

家事は美徳のようにも感じますが、毎日しなければならないので、積み重ねるとかなりの時間になってしまいます。

多少値が張りますが、お金で解決できるところはさっさと解決して、貴重な時間を買いましょう

私が部屋を掃除する時は、本気でやると3時間とか平気でかかります。

掃除し終えると確かに気持ち良いですが、これは結構無駄な時間ですよね。。

ステップ② 自分がどう生きたいかを明確にする

時間が確保できたら、いよいよ副業のことを考えます。

まずは、自分が将来どう生きたいかを考えることが大切です。

目指す将来のゴールを設定する

目標を明確にすることにより、「自分が何をするべきか」の大きな方向性が見えてきます。

収入や時間はどれくらい欲しい?

「毎月1万円くらい追加のお金があれば、おいしいものが食べられるので充分だ」と考える人もいます。

一方、「毎月50万円を儲けて、いずれは本業にしていきたい!」と考える人もいます。

また、「寝る間を惜しんでも俺は働きたいんだ!」というパターンもあれば、「すきま時間を利用してちょこちょこやりたい」という人もいると思います。

このように、人によって目標とする金額や時間のかけ方は、みんなそれぞれバラバラですよね。

副業にかけられる「時間」や目標とする「収入」は人によって異なるので、自分の副業の成果イメージを明確に持ちましょう

成功者の教えなどを聞くと、結構「精神論」が大事なんだということが分かります。

副業でうまく行っている人も、目標を立ててそれに情熱を捧げたからこそ、成功していると思います!

いつまでに達成したい?

「生活費のために今すぐお金が欲しい」という人もいれば、「10年後に収入が安定して入ってくるような仕組みを作りたい」という人もいると思います。

どのタイミングで副業の基盤を安定させたいかについても、しっかりと考えるべきです。

つまり、これらの目標によって、やるべき副業も変わってくるわけです。

そして具体的にゴールを明確にすることにより、モチベーションも湧いてきます

副業を始めるにあたっては、まずはゴールを明確にすることから始めましょう。

ゴールに到達できる副業の種類を調べる

副業のスタイルは、大きく2つ「労働型」と「資産型」に分けられます。

自分の目標に応じて、どんな副業が自分に合っているか考えてみましょう。

労働型の副業

「労働型」の副業とは、自分が労働をすることによってその対価として報酬を得るスタイルの仕事を言います。

即効性があり、やった労働の分だけ稼げるのが特徴です。

労働型の副業としては、例えば「アルバイト」「転売」「ウーバーイーツの配達員」「プログラミング」などが挙げられます。

自分が働いてその分の対価を得られるので、分かりやすい副業と言えるでしょう。

デメリットは「自分で働き続けなければならない」ということです。

自分が仕事をやめてしまうと、収入が得られません。

また自分の労働力には限界があるので、収入の天井はある程度決まっています

資産型の副業

「資産型」の副業とは、資産を積み重ねることにより、資産が収入を生むようになるものを言います。

仕組みが作れれば、自動的に収入を生んでくれるようになるのが特徴です。

資産型の副業としては、「ブログ」や「YouTube」また「株式投資」などが挙げられます。

積み重ねた「ブログ記事」や「YouTube動画」が自動的に広告収入を生み、株式投資では自動的に配当が得られるようになります。(銘柄にもよる)

自分がもっている「記事」や「株式」などの資産が、自分のために働いてくれるイメージです。

資産型のデメリットは、資産を作るまでに時間がかかることです。

ブログやYouTubeは長い間の作業が必要だし、下手すれば1円も稼げずに終わることもあります。

また、投資にもかなりの軍資金が必要で、資産型の副業は即効性はないですね。

ステップ③ さっさと副業を始める

ここまで色々と話してきましたが、副業をやる上で大切なことは「まずはやってみる」という精神です。

やってみることで試行錯誤を繰り返し、色々とわかってくることがあるのです。

考えるだけで結局やらない人が大半

ほとんどの副業を始めたいと言う人は、

  • 「本業が忙しすぎて、副業をする時間が無い。」
  • 「自分にあった副業は無いので、やっても無意味だ。」
  • 「副業しても成功する人は限られているから、自分は無理だ。」

などあらゆる言い訳を使って、結局はやらない自分を正当化します。

こういう人は、成功することはないでしょう。

今成功している有名な起業家も、「まずはやってみる」というところからスタートしました。

副業でもっとも大事なのは、とにかく行動をおこし、さっさと始めることです。

私自身、大きく成功しているとは言えませんが、とりあえず何でも挑戦することにしています。

それにより、自分が目指していた「グローバルな生き方」に一歩一歩近づいていると思います。

「実際に行動することによって道が開ける」ということを、少しずつ実感しつつあります。

実践することで多くを学べる

実際に行動をおこして副業に挑戦する過程で、たくさんのことを学べます。

まさに、「百聞は一見にしかず」ですね。

実際にやってみることで、感覚を掴むことができるし、悪い点を改善していくことができます。

やってみた結果、その副業が自分に合わないのであれば、思い切って違う副業に挑戦するのもありです。

大半の人がやらずに終わるので、やりさえすれば周りより圧倒的にリードするのです。

とにかく、「まずはまずはやってみる」の精神で、何でも挑戦してみてください。

おわりに

今回の記事では、副業を始めるための基本的なステップについて紹介しました。

サラリーマンが副業を始めるには、時間を確保する事が大切です。

明確なゴールイメージを持って、副業に取り組むようにしましょう。

また何事にも言えますが、とにかく「まずはやってみる」という事が大切です。

実際にやってみる事で、この記事の何倍もの情報を自ら得る事ができます。

ぜひ、挑戦してみてください!

このブログでは、留学・英語スキルアップ・海外ビジネス・海外旅行など、皆様の為になるグローバルに関する様々な有益情報を発信させて頂きます。

今回はこの辺りで。

それではまた!