【新卒/転職】専門性が無い人にIT営業がおすすめな3つの理由②

「【新卒/転職】専門性が無い人にIT営業がおすすめな3つの理由②」のアイキャッチ画像

理由② 今後マーケットは伸びていき貴重な人材になる

前回、専門性がない人向けにIT営業がおすすめな理由の1つ目として、主にIT営業の動き方について紹介しました。

IT営業をおすすめする2つ目の理由は、今後IT業界のマーケットは伸び続けて、ビジネス界でかなり需要のある人材になれるからです。

もし自社が潰れた場合でも、IT営業として蓄積されたスキルを生かして生き残ることができます。

よく言う言葉では「つぶしが効く」ということです。

今回の記事では、専門性がない人にはIT営業をお勧めする3つの理由②「IT営業職の需要」について紹介します。

1. IT需要はかなり伸びている

最近ITのマーケットが伸びている事を、ITに詳しくない人でも感じませんか?

今ではスマホで「YouTube」や「Amazonプライムビデオ」などの動画配信を見ることができます。

スマホという手のひらに収まる機械で、世界中の動画や情報を瞬時に見れのは、ほんとにすごいことだと思いませんか?

これを可能にしているのは、もちろんITの力です。

最近流行の身近なIT
動画サイトを見る際に使われているITの一部

最近流行のネット上のサービスには、インターネットのインフラや、動画を貯めておくクラウドサーバー、それらを守るセキュリティーなど、様々なIT商材が組み合わさっています

これら1つ1つのIT商材に、営業マンがいるのです。

また最近では某ウィルスの影響により、「リモートワーク」が盛んに行われています。

各企業や人々は生活のスタイルを変えて、自分が移動しなくても様々なことが出来るように、ITソリューションを導入しています。

さらには将来は人工知能が人間を上回るとも言われており、私たちが想像できないITの世界が待っていると思います。

人工知能は人間を超え

このような状況を見ても、ITの市場は今後も伸びる事は明らかであり、最も需要のある業界でしょう!

2. IT営業は貴重な人材

そんなイケイケなIT業界の営業は、もちろん需要があります。

むしろ供給不足に陥っている状況ですね。

企業は従業員向けにリモートワークを取り入れたり、また新しいビジネスを展開する際にはどうしてもITが必要となります。

某ウイルスが流行っても、朝の通勤ラッシュ時には、電車はまだまだ混んでいますよね?

こんな状況にも関わらず、リモートワークに完全に働き方を変えられている企業も、まだまだ少ないようです。

つまり「IT営業の人に早く相談したい!」と思っている企業は多いし、場合によっては嫌でもその必要性に迫られるのです。

そんなあなたがIT営業担当であれば、仕事はたくさんあるし、様々プロジェクトで活躍することで自分のスキル・キャリアアップにもなります。

またこれは今だけの話ではなく、今後もITはますますその重要度を増してくるでしょう。

3. IT営業になることのリスクは?

これだけ聞くとIT営業は良いことずくめですよね?

一方「リスクは何か?」といっても、これといって思い当たりません。

ただし「ITは目に見えないもの」なので、それが嫌だという事はあるかもしれませんね。

物体として存在しないため、最初はIT営業はとっつきにくいこともあるかもしれません。

(実際には上で紹介した絵のように、物理的な物が組み合わさってITはできている)

しかし仕事をしていくうちに、だんだんとソリューション営業としてのスキルもつくし、ITの知識も増えていきます

もし今現在、これといった専門性やスキルが無い人は、断然お勧めします!

結論、IT営業になるリスクは「全く無い」という事で話を締めたいと思います。

おわりに

今回の記事では、専門性がない人にはIT営業をお勧めする3つの理由②として、「IT営業職の需要」について紹介しました。

IT営業は今の世の中を見ても、今後ますます需要が伸びていく職種です。

もし専門性が無くて、どんな仕事をすれば良いか悩んでいるという人は、IT営業を目指してみては如何でしょうか?

今回の記事の動画バージョンはこちら

このブログでは、留学・英語スキルアップ・海外ビジネス・海外旅行など、皆様の為になるグローバルに関する様々な有益情報を発信させて頂きます。

今回はこの辺りで。

それではまた!