転職に有利!サラリーマンの人材価値を高める方法とおすすめのスキル

「転職に有利!サラリーマンの人材価値を高める方法とおすすめのスキル」のアイキャッチ画像

転職に有利!サラリーマンの人材価値を高める方法とおすすめのスキル

サラリーマンをしているけれど、転職を考えていたり、自分の「人材価値」について興味を持ち始めた人はいませんか?

人材価値を高めることは、転職においても有利になるので、継続して人材価値を高め続けることをおすすめします。

今回の記事では、人材価値を高める方法とおすすめのスキルについて紹介します。

サラリーマンは人材価値が「命」なので、必見の内容となっています!

また転職には「マイナビエージェント 」や「リクナビNEXT 」のような、大手のサイトを活用するのがおすすめです。

ぜひチェックしてみてください!

1. 仕事で経験と実績を積もう

自分の人材価値を高めるには、まず自分が行っている仕事で「経験」や「実績」をしっかりと積んでいくことが重要です。

自己啓発系の本で読んだり人から聞くよりも、自分で実際に経験する方が何倍も多くのことを学べます

仕事の実績を作ろう

自分の仕事に本気で取り組みながら、たくさんの経験をしましょう。

特に転職の場合は、学歴や地頭の良さよりも、経験や実績が重要視されます。

どんなに学歴が良かったり頭が良くても、仕事ができるとは限りません。

一方、過去の仕事の実績は、その人がその仕事をちゃんとできるという証明になります。

企業側は、採用後にも過去の実績と同じような結果を残せる人を欲しているのです。

採用側にとっても実績のある人に対しては、会社の投資に対するリターンをある程度確信を持って採用することができます。

実績を残すためには、何か大きなプロジェクトに参加して、それを成功に導くための行動するのが良いと思います。

現業で、周りにアピールできるような実績をしっかりと作っていきましょう。

嫌いな仕事でも学べることはある

仮に転職を考えている場合でも、目の前の仕事から何かを学ぶ姿勢が大切です。

よく仕事が自分の理想ではないからといって、自分の仕事をディスってかなり手を抜く人がいます。

しかし、どんな仕事でも学べる事はあると思います。

仕事の中の困難を乗り越えた経験や、そこで身に付けた専門性などが、自分の人材達価値を高めるのに非常に重要なのです。

確かに周りの人が理不尽すぎたり、ブラックすぎる会社だったりと、働く価値のない場合もあります。

しかしそんな環境であっても、例えば以下のように自分なりに工夫して、その環境から何が得られるかを考えてみましょう:

  • 仕事量が多すぎるのであれば、なるべく早く終わらせるために、仕事を圧縮する方法を考える
  • 上司が全然頼りにならなければ、自分が上司を超えてチームをマネジメントする

どんな環境においてもなるべく多くを学ぶように心がけ、その会社で何を残したかをアピールできるようにしましょう。

2. 「2つ」の尖ったスキルを身につけよう

人材価値の高い人とは、身一つ会社の外に投げ出されても、世界から需要がある人のことを言います。

世界から引っ張りだこになるためには、自分の尖った「専門性」を持つことが大切です。

世界で生き残るには専門性が大事

世の中はどんどん便利になっています。

昔は「そろばん」を使って計算していたものが「電卓」に変わり、今では「PC」で簡単に作業ができます。

さらに今後は計算のような単純な作業は、どんどん「AI」にとって変わるようになります。

このように、誰でもできるような仕事しかできない人は、今後需要がなくなってしまうのです。

誰もが持っているようなスキルは、今後はあまり役に立ちません。

周りの人よりも頭が1つ抜きん出るような、ユニークなスキルが大事になってきます。

なので自分の専門性(ユニークなスキル)を身に付けるようにしましょう。

2つの尖ったスキルがあるとスパークする

もし2つの専門性を身に付けていると、希少価値がものすごく高くなります。

世の中を見渡してみると、1つの尖ったスキルを持っている人はかなり多いです。

例えば、「とてもかわいいアイドル」というのは、世の中にかなり多くいますよね?

しかし「とてもかわいいアイドル」で、しかも「合気道がめちゃめちゃ得意」みたいな人は超レアですよね。

この2つの要素がスパークして、「美人すぎる合気道系アイドル」なんて言われちゃったりするのです。

世界で活躍している人は、大体2つ以上の尖ったスキルを持っています。

「走」「攻」「守」に優れたイチローなんかは、その代表ですよね。

確かに1つのスキルを身に付けるのも大変です。

まずは自分の強みを磨きつつ、もう1つ自分の強みとなるものを探していくと良いでしょう。

2つの尖ったスキルを身にすることで、人材価値を1+1=2ではなく、3にも4にもしてみてください

3. おすすめのスキルを紹介!

転職で有利になるには、「仕事の実績」と「専門性」が重要です。

この章では、専門性を得るためのおすすめのスキルについて紹介します。

英語

最もおすすめするスキルは、「英語」です。

英語はもはや、当たり前に持っていなければならないスキルですね。

もし今はまだ英語を話せないのであれば、今すぐ勉強を始めるべきです。

世界はどんどんグローバル化しています。

日本は少子高齢化となり先行きが暗く、今後日本だけで仕事をしていくのは困難だと思います。

今後ますます世界とつながりを持たないと生き残れない時代になるので、その際に英語は必ず必要となります。

英語を勉強するには様々な方法がありますが、最短で英語を話せるようになる方法もあります。

下の動画で、ゼロから1年間で英語を話せるようになるための勉強の仕方について紹介しているので、チェックしてみてください!

ITスキル

おすすめするもう1つのスキルは、「ITに関連するスキル」です。

世界がグローバルがしているのも、ITの発展によるところが大きいです。

今では「YouTube」や「Amazonプライムビデオ」などの動画配信サイトで、スマホで世界の動画を見ることができます。

15年前は、こんなことは全く出来ませんでした。

「インターネット」や動画を格納するための「サーバー」「スマートフォン」など、ITに関連した技術の発展が生活をどんどん豊かにしていっています。

「AI」の台頭など、今後の世界はますますITによって発展していくことが予想されます。

そんな中、ITに関して知識や経験を持っている人材は、世界でもかなり重宝されます

もし自分の尖ったスキルを2つ探すのに悩んでいるなら、1つはITに関連したスキルを身に付けてみてはいかがでしょうか!

以下の記事でもITの就職事情に関連した記事を書いているので、読んでみてください!

おわりに

今回の記事では、人材価値を高める方法とお勧めのスキルについて紹介しました。

転職をするにあたって大事なことは、自分の「実績」や「専門性」を持つことです。

まずは多くのことを経験したり、尖ったスキルを持つように動いてみることをおすすめします。

転職には「マイナビエージェント 」や「リクナビNEXT 」のような、大手のサイトを活用するのがおすすめです。

ぜひチェックしてみてください!

このブログでは、留学・英語スキルアップ・海外ビジネス・海外旅行など、皆様の為になるグローバルに関する様々な有益情報を発信させて頂きます。

今回はこの辺りで。

それではまた!