インド人に喜ばれる日本食ランキングTop5

「インド人に喜ばれる日本食ランキングTop5」のアイキャッチ画像

インド人に喜ばれる日本食ランキングTop5

インドにおける新幹線の受注や、インドを訪れる日本人ビザの緩和など、日本はインドと良好な関係にあります。

グローバルに活躍する人にとって、今後インド人を日本でもてなす機会があるかもしれません。

今回の記事では、インド人に喜ばれる日本食についてムンニ・モナリザさん(インド人)の独断と偏見で選んでもらったので、ランキング形式で紹介します!

※インドには宗教やベジタリアンを理由に食事に制限のある人はいますが、今回の記事では食事の制限は考慮していません。

ムンニ・モナリザ
浅草地下街にて

第5位 日本人におなじみの定番料理『うどん』

つるとんたん UDON NOODLE Brasserieにて
http://www.tsurutontan.co.jp/shop/ginza-udon/

インド人に喜ばれる日本食の第5位に選ばれたのは、『うどん』です!

インドには麺料理は皆無に等しく、あるとしても中華料理と融合した「焼きそば」のような料理です。

うどんのようなスープを使った麺料理はインド人にとっては珍しく、食べること自体で新鮮な感覚を味わえることでしょう。

また、味は良い意味で強い特徴が無いので、インド人にとってもすんなり受け入れてもらえます。

湯西川温泉 道の駅にて
けんちんうどん

特筆すべき点は、作るのが簡単でいつでも手軽に食べれることです!

日本の料理は手の込んだものが多く、外国人がレシピを覚えるのにはかなり苦労します。

しかし、うどんの場合、麺を茹でて野菜や肉を入れてスープをかけるだけ!

とても簡単に日本の味を再現できるので、身近な日本料理としてインド人に親しみを持たれると思います。

第4位 日本にしか無い体験ができる『懐石料理』

和みの湯宿 御宿一富士にて
http://www.ichifuji.biz/

インド人に喜ばれる日本食の4位は、『懐石料理』です!

懐石料理では日本の伝統的な食事スタイルを楽しむことが出来ます。

南インドのミールスも小さなお皿に様々な種類の食べ物が乗っているので、懐石料理は和製ミールスと呼べるかもしれませんね。(こじつけ感がありますが笑)

南インドのミールス
サウスパーク
http://www.south-park.jp/ja/menu

また、懐石料理は温泉で食べる定番の料理です。

温泉の雰囲気によって補正がかかって、懐石料理を食べる事自体が思い出深い体験になるのかもしれません。

是非、インド人の方を日本の温泉旅行に連れて行き、そこで懐石料理を楽しんでみては如何でしょうか。

第3位 クールジャパン代表の食べ物『焼き鳥』

3位はクールジャパンの代表格である居酒屋の定番、『焼き鳥』です。

3位については焼き鳥だけでなく、居酒屋の雰囲気込みでのランキング入りでした!

最近は海外でも居酒屋(IZAKAYA)ブームとなっており、主要な都市であれば大抵ローカライズされた居酒屋が存在します。

インドでも、特に首都デリーの隣町の「グルガオン」には、日本人の駐在員をターゲットとした居酒屋が存在します

居酒屋の独自の雰囲気は、クールな日本というイメージがそのまま表現された場所であり、居酒屋でビールと一緒に食べる焼き鳥は最高とのことです!

きっと本場の居酒屋へ行くことを楽しみにしているので、美味しい焼き鳥でも食べながらその雰囲気を楽しんでみて下さい。

第2位 インド人も大好き反則の逆輸入『カレー』

インド人に喜ばれる日本食の2位は、反則と思われるかもしれませんが、『カレー』です!

日本のカレーは日本風に改良されており、独自の味を出しています。

日本のカレーは辛さはマイルドですが、具が大きくて食べ応えがある所が良いとのことです。

ちなみに、厳密に言うと「カレー」という料理がもともとインドに存在していた訳ではありません。

イギリス人が、スパイスを使用した一部の煮込み料理をカレーと定義した事が、カレーの名前の由来となっています。

インドにおける「カレー」(「カリー」)という言葉は、外来語である。インドの人たちにとって、香辛料を使った煮込み料理は数多くあり、それぞれをそれぞれの料理名で呼ぶものである。香辛料を多用するインドの料理を全て「カレー」と呼ぶのは、日本料理で言えば醤油を使ったおかずを全て同じ名前で呼ぶような乱暴な呼び方である。

(Wikipedia)
ナイルレストラン
http://www.ginza-nair.co.jp/goods.html

インドで生まれた香辛料を元にしたカレーは、日本のソウルフードとなるまでに進化し、現在は逆輸入する形でインド人の舌を唸らせる料理となりました。

2020年にはカレー専門店『CoCo壱番屋』がインドの首都デリーに1号店をオープンし、今後インド展開を行うとのニュースもありました。

日本のカレーは独自の進化を経て、インド人へ通用する料理となっていることだと思います。

日本で和風っぽい味に飽きたインド人には、日本のカレーで故郷を感じてもらうのも良いかもしれません!

(番外編)寿司はインド人の口に合うのか?

世界で最も有名な日本の料理は、やはりなんと言っても『寿司』だと思います。

日本に来たインド人に是非とも食べてもらいたい料理ですが、寿司はインド人の口に合うのでしょうか

もちろん人それぞれにはなりますが、寿司はインド人の口に合わないことが多いと思います。

ムンニ・モナリザは東インドであるコルカタ出身で、コルカタでは魚料理が豊富にあります。

魚料理が豊富だからこそ、何も調理しないで生で食べるという事には抵抗があったようです。

また、それ以外のインド人にも話を聞くと「寿司を食べてお腹を壊した」や、「気持ち悪くなった」など、あまり良い感想を聞きません

なので今回のランキングには、寿司はノミネートされませんでした。

もしインド人を寿司でもてなすのであれば、最初はアナゴなどの生魚感があまり無いものからすすめてみる方が良いかもしれません。

第1位 世界で大人気!やっぱり王道の『ラーメン』

らーめん飛粋
https://tabelog.com/tokyo/A1315/A131503/13217922/

そしてインド人に喜ばれる日本食ランキング、堂々の第1位は!!

日本が誇る世界的な料理!!『ラーメン』です!

インド人はラーメンは全般的に好きです。

特に味が濃い料理が大好きなインド人にとっては、家系ラーメンがかなりウケます

にんにくと脂を多めに入れて、ガツンと舌と胃にくるジャンクな旨み!ラーメンは日本版の「ビリヤニ」のような位置にあるのかもしれません。

南インド料理のビリヤニも、味が濃くジャンクな旨味がある

ムンニ・モナリザはインドへ帰国する際に、必ず家系ラーメン『吉村家』のボックスを空港で買って行くとのことです。

自分からインドへ行く際も、お土産にラーメンを持っていくと喜ばれると思います!

またインドではアニメの『ナルト』が大人気で、ナルトを観ているインド人はラーメンを食べることを夢見ている事があります。

麺 みつヰ
https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131102/13203387/

よく「ラーメンは日本料理ではなく中華料理だ!」という人がいます。

たしかにラーメンのルーツは中国にあるかもしれませんが、ラーメンは日本独自に改良が加えられて完成した日本料理です。

今では「Ramen」として世界でもお馴染みの日本料理となっていて、嫌いになる外国人を見つける方が難しいかもしれませんね。

蔵前元楽総本店にて
https://www.genraku.com/kuramae.html

世界で人気のラーメンはインド人も好きになると思うので、ラーメン屋へ連れていくと大変喜ばれると思います。堂々の1位です

日本料理はインド人の口にも合う

今回の記事では、インド人に喜ばれる日本料理について、ランキング形式で紹介しました。

結論、多くの日本食はインド人の口に合います。

インド人を日本に招待する際、ぜひこの記事を参考に、美味しい日本食でもてなしてあげて下さい。

このブログでは、私の学生時代でのアメリカ留学の経験や海外ビジネス、またプライベートでの経験を元に、皆様の為になるようなグローバルでの情報をどんどん発信させて頂ければと思います。

今回はこの辺りで。

それではまた!