【必見】初心者向けお金の知識や資産運用の勉強におすすめの本5選!

「【必見】初心者向けお金の知識や資産運用の勉強におすすめの本5選!」のアイキャッチ画像

【必見】初心者向けお金の知識や資産運用の勉強におすすめの本5選!

昨今の経済状況を考えると、日本の未来は決して明るいとは言えません。

むしろ、何もしなければ給料は減っていく可能性が高く、苦しい生活をすることになるでしょう。

そんな状況な今だからこそ、「資産運用」を始めようと考え得ている人は多いと思います。

そんな時に、「お金の事や資産運用を勉強したい」「でも何から始めたら良いか分からない」と悩んでいる人はいませんか?

今回の記事では、「お金の知識」や「資産運用」を学ぶ初心者にとって、おすすめの本を5冊紹介させて頂きます。

お金についてまだ全然詳しくない、という人には必見の内容となっています!

本を読むなら、かさばらずにたくさんストックする事ができる「Kindle」を使うがおすすめです!

また「Amazonオーディオブック」では音声で本を楽しむことができるので、こちらも効率が良いです。 ぜひ、チェックしてみてください!

① 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学

金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学

この本は…金持ちになるためにはたくさん稼ぐ必要があるという「神話」をくつがえす。持ち家が資産だという「信仰」を揺るがす。資産と負債の違いをはっきりさせる。お金について教えるのに、学校教育があてにできないことを親にわからせる。そして、お金について子供たちに何を教えたらいいかを教えてくれる。

Amazon
内容 資産はお金を生むもの、負債はお金が減るもの、という定義を元に、お金持ちへのなり方を指南する
出版社(出版日) 筑摩書房; 改訂版 (2013/11/8)
ページ数 272ページ
アマゾンカスタマーレビュー 星5つ中の4.3(評価の数:786人中)

フィードバック

こちらの本は、お金に関する本の中では最も有名な書籍ではないでしょうか。

まだ読んだことない人の全員に、おすすめする本です。

あまりにも定番すぎるので、私はこの本の存在を知ってからしばらく読みませんでした。

しかし、「どうしてもっと早く読まなかったんだ!」とかなり後悔するぐらい、お金に関して目からウロコのような内容が沢山詰まっています。

この本を読むか読まないかで、人生が変わると言っても過言ではありません。

「資産」と「負債」とは、また「資産をコップに注ぎ、あふれた部分だけを吸って生きていく」など、これまでの生活にパラダイムシフトが起こるような新しい考え方を多く教えてくれます。

お金のことを勉強するのであれば、この本を読まないで過ごす道はありません!

内容は、子供が自分の実の父である「貧乏父さん」と、友人の父親である「金持ち父さん」の両方から学んでいくストーリー形式なっていて、面白いです。

これは誰に対してでもおすすめできる、最高の本だと思います。

お金について勉強しようとしている人は、まずこの本から読んでみて下さい!

むしろ今すぐにでも読みましょう

② お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 知的人生設計のすすめ

お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 知的人生設計のすすめ

自由な人生を誰もが願う。国、会社、家族に依存せず生きるには経済的独立すなわち十分な資産が必要だ。1億円の資産保有を経済的独立とすれば欧米や日本では特別な才は要らず勤勉と倹約それに共稼ぎで目標に到達する。黄金の羽根とは制度の歪みがもたらす幸運のこと。手に入れると大きな利益を得る。誰でもできる「人生の利益の最大化」とその方法。

Amazon
内容 サラリーマンのような一般の人が、経済的に豊かになるための指南書
出版社(出版日) 幻冬舎 (2017/8/4)
ページ数 339ページ
アマゾンカスタマーレビュー 星5つ中の4.1(評価の数:252人中)

フィードバック

こちらの本は、日本のサラリーマンの資産形成の事情から、金融知識の全般に対して、真実を語るような本です。

日本バージョンの『金持ち父さん 貧乏父さん』のような内容です。

本書に出てくる金融の知識は生活していく上でとても大切で、お金持ちになろうと思っていなくても全ての人が読む価値があります

「日本の教育では、何故このようなお金に関する知識を教えないのだろうか?」と疑問に思う位です。

本書の特筆すべき点は、「サラリーマンがお金持ちになる方法」について詳しく書いてあることです。

給料が対して上がらず、また税金も大きいサラリーマンは、普通に生活してる分には金持ちになる事は一生できません

一方、日本のサラリーマンは他の国と比べて給与水準は高いです。

日本のサラリーマンであれば、倹約」と「共働き」で長い時間をかければ、一億円もの資産が貯まることが紹介されています。

世の中には、知っているか知らないかで、人生の質がまるで変わってしまうような情報があります。

お金に関する知識(金融リテラシー)は豊かな人生を歩むためにも誰もが持つべきスキルなので、ぜひ読んでみてください。

③ 難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!

お金を増やしたい!でも、難しいことはわからないし、投資をするのってなんだか怖い。そんな「お金のド素人」が、東大卒、外資系証券や保険など金融12社を渡り歩いた「お金のプロ」山崎元氏に、なるべく安全なお金の増やし方を聞いてきました。金融の知識は一切不要!「銀行には近づいてはいけない」「覚える金融商品は3つだけ」「素人でも「年間+5%」の運用を目指せる」など、誰でもできて、なるべく安全なお金の増やし方がわかります!

Amazon
内容 国債や投資信託、確定拠出年金など、資産運用全般に関する内容を初心者向けに分かりやすく解説
出版社(出版日) 文響社 (2015/11/11)
ページ数 329ページ
アマゾンカスタマーレビュー 星5つ中の4.3(評価の数:846人中)

フィードバック

こちらの本は、「資産運用について右も左も分からない!」という初心者に超おすすめ本です。

私はこの本を読んだことによって、資産運用に興味を持ちました。

かなり初心者向けに、「投資信託」や「国債」の事など、大変わかりやすく説明しています。

またこの本のとても良いところは、「どの会社の証券口座を開設するべきか」、また「何を買うべきか」など、ピンポイントでアドバイスをくれることです。

著者の山崎元さんは資産運用のプロで、辛口で有名です。

辛口だからこそ「だめなものはだめ!」「良いものは良い!」という視点で、隠し事なくストレートに情報提供してくれます。

世の中には金融商品はたくさんありすぎて、特に初心者にとっては何から始めたら良いか迷うことがあると思います。

しかし、この本では非常にロジカルな目線で、最善の策を指南してくれるのでとても潔いです。

資産運用の入門書としておすすめできるので、ぜひ読んでみてください!

④ シンプルにわかる確定拠出年金

シンプルにわかる確定拠出年金

2017年1月から、ほぼすべての国民が「個人型確定拠出年金」に加入できるようになった。今後の老後資金準備はこれを利用するかしないかで圧倒的な差がつく。投資家目線の辛口解説で人気の山崎元がその活用法を説く。

Amazon
内容 確定拠出年金に特化して、資産形成の方法について詳しく解説
出版社(出版日) KADOKAWA (2017/6/10)
ページ数 170ページ
アマゾンカスタマーレビュー 星5つ中の4.3(評価の数:25人中)

フィードバック

こちらの本は上に紹介した『難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!』と同様に、辛口の資産運用のプロ・山崎元さんによる本です。

こちらは資産運用の中でも、「確定拠出年金」の制度に特化した内容となっています。

最近の日本では、「NISA」や「確定拠出年金」など、政府による「税制優遇措置」がとられています。

これは、「将来は年金では人々の生活を守れないので、個人がそれぞれ自分の資産を築いておくように」という、日本政府からのメッセージであると考えています。

しかしこれらの制度は、自らその利点を調べて、自分から活用しなければその優遇措置を受けることができません。

この本では、そういった「税制優遇措置は最大限活用するべき」という考えを前提に、確定拠出年金にの始め方や運用方法について、大変細かく解説しています

資産運用する上でNISAや確定拠出年金は絶対に利用すべき制度なので、読んで後悔は無いと思います!

ぜひ、資産形成に有利となる情報を集めていきましょう。

⑤ 世界の大富豪2000人がこっそり教えてくれたこと

世界の大富豪2000人がこっそり教えてくれたこと

君は今、すごい秘密を手にしたんだ!知っているかい?世の中にはね、素敵な友人や恋人がいて大好きな遊びや仕事をする時間もたっぷりある“本当に幸せな金持ち”と、「お金しかない」不幸な金持ちがいるんだ。君に教えるのは、シンプルだけど、最高に輝いた人生を送る真の大富豪たちが知る秘密だよ。

Amazon
内容 時間の使い方や、お金持ちになるための考え方・行動など、人生で大切な事を指南
出版社(出版日) 三笠書房 (2013/9/27)
ページ数 237ページ
アマゾンカスタマーレビュー 星5つ中の3.7(評価の数:200人中)

フィードバック

上で紹介した4冊はどちらかと言うと「実用書」で、どのように資産運用するべきかなど具体的な方法を中心に書いています。

一方こちらの本は、お金持ちになることを中心に、人生を充実させるための「思考」や「習慣」について学ぶ本です。

様々なお金持ちと付き合ってきた著者が、それらの人たちから学んだ事を惜しげもなく紹介しています。

必ずと言っていいほど、成功者は口を揃えて「成功するにはマインドが大事だ」と言います。

成功者はみんな、自分の理想像に向けて諦めないでひたすら頑張るなど、「精神論」をとても大事にします。

多くの成功者が口を揃えて「マインドが大事」と言うのだから、それは真実なんだと思います。

この本でも、そういったマインドセットの部分が多く語られています。

もっとも印象に残ったのは、大富豪たちが思い描く目標は、それを達成したら次の日に死んでも後悔しないもの」と言うフレーズです。

本書ではそれを「究極のゴール」と呼び、究極のゴールから逆算して段階的な目標を刻んでいくことを推奨しています。

面白い考え方を沢山学べるし、値段も安いので、ぜひ手に取って読んでみてください!

おわりに

今回の記事では、お金の知識や資産運用を学ぶ初心者にとって、おすすめの本を5冊紹介させて頂きました。

日本人がお金を語るのはタブーのような雰囲気がありますが、お金は人生でとても大事な要素です。

そんな大事なお金の事は学校教育では教えてくれないので、自分から学ぶ必要があります。

今回紹介した本の内容は、誰にとっても価値があると思うので、是非読んでみて下さい!

このブログでは、留学・英語スキルアップ・海外ビジネス・海外旅行など、皆様の為になるグローバルに関する様々な有益情報を発信させて頂きます。

今回はこの辺りで。

それではまた!